いつでもお気軽にお電話ください

0120-500-311

受付時間 9:00~18:00(通話料無料)

メールでのお問い合わせはコチラ

Recruit 採用情報

Thought 当社を応募される皆さまへ

お客様に感じよく丁寧な応対ができているか、
お客様への配慮の気持ちが言葉と表現で表せているか、
お客様が電話をかけてきた目的に対しわかりやすく回答、納得、満足される応対ができているか、そしてお客様への感謝の気持ちを言葉で伝えることが電話応対の基本です。
「ありがとうございます」の言葉はお客様も私たちもなぜか幸せな気持ちになり、笑顔にすることがあり、気持ちの良い応対とは、自分の満足感ではないお客様の喜びを感じとり、私たちの喜びにすることです。
皆様との出会いは私たちの宝物です。

代表取締役 本田 穣

お問い合わせ・資料請求はこちら

Attitude ICMが目指す電話応対

電話応対の代行業の役割と考え方

電話応対という仕事は、お客さまの様々なビジネスの窓口に関わる仕事ですから、お客さまの仕事に多大な影響を及ぼすことがあります。

そこで、双方が委託契約を結ぶのですが、これは双方の利益にかかわることで双方が個々に判断し、自己の利益を守るために行うものです。

この契約即ち、信認関係は双方の信頼の確保を目的とするものです。信頼とは相手を信用し提案したサービス、要望を相手が実際に遂行する保証がなくても、受け入れることです。
信頼は、足りないところを補いながら応対の質を高めてお互いが信じ託すことによって、電話応対の代行が成り立つものです。

このように信頼されることは、効率的な応対をしてお客様の満足度を向上させ、又信頼はお互いが低コストでより良い仕事を達成できる架け橋のような役割を果たすことです。即ち、電話応対代行業は密度の高い高度な信頼関係が構築されることが第一条件と考えてください。

信頼関係による信頼の確保は、応対業務をより円滑且つ成功へと発展させる土台です。

信頼関係の強みは、このような義務があることによって完全な保証ができなくても信頼を託すことによって仕事がスムーズに進むことです。

これが、会社の真の信頼関係を構築することであり、最も重要な目標の一つであると考えます。

お問い合わせ・資料請求はこちら
先頭へ戻る